読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きになるブログ2 - Hatena Blog

スポーツを中心にIT,ヲタク情報を含め、皆様の役に立つ情報を心掛けて更新していきます。複数ライターによるブログです。今までの過去記事全部載せていますので、きになるブログ2 http://kininaru.bulog.jp/ 本店もよろしくお願いします。

氷室冴子・山内直実「月の輝く夜に」感想

氷室冴子山内直実月の輝く夜に」感想 http://ift.tt/1ufqksC


昔の私にとって、氷室冴子先生と山内直実先生の書く漫画は、まさしく青春の書とも言うべき存在でした。
小説のほうの話ですが、今でも氷室先生の「銀の海金の大地」は続きが読みたくて仕方ありません。
だから、先生がお亡くなりになった後、山内先生が「なんて素敵にジャパネスク人妻編」を漫画化してくれたのは嬉しかったんですけど・・・早々に挫折しちゃいました。

まず元々の原作が、嫌いではないにせよ好きなほうではない。(主人公の瑠璃に共感できない)
山内先生の絵柄がかなり変わってしまった。(以前あった華やかさがなくなってしまった)

この2点のせいです。
でも、この「月の輝く夜に」が漫画化されていると知ったとき、とても読みたくなりました。
原作小説がレビューなどで「碧の迷宮に雰囲気が似ている」と知ったからかもしれません。
そういうわけで、読みやすいであろう漫画のほうを購入して読んでみました。

うーむ・・・これは・・・

とても静的な話だと思いました。
主人公の喜志子はジャパネスクの瑠璃と違って、おっとりぼんやりしたお姫様。
本人も自分のことをそう思っているし、多分周りからの評価もそう。
そんな彼女が、親子ほど年の離れた恋人、有実の娘晃子を自宅に預かることになります。
晃子の存在は水に石を投げ入れた時の波紋のような存在で、その波紋が喜志子に心境の変化を起こします。
でも波紋はいつかは消えてしまうもの・・・

なんというか、登場人物全員が不幸なままで終わるという・・・ちょっと救いがないというか。
ぶっちゃけ喜志子はあんまり感情移入できないタイプだし、晃子は可哀相過ぎだし。
オチもあるんだかないんだかの結末を迎えます。

でも「碧の迷宮」が好きな私にはこの雰囲気が結構好きです。
漫画としては淡白すぎる感じもしますが(主人公が動かないので仕方ない)、読めてよかったです。
原作も今市子先生のカバーで刊行されているそうなので、いつか読みたいと思います。

 

posted by moeco