読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きになるブログ2 - Hatena Blog

スポーツを中心にIT,ヲタク情報を含め、皆様の役に立つ情報を心掛けて更新していきます。複数ライターによるブログです。今までの過去記事全部載せていますので、きになるブログ2 http://kininaru.bulog.jp/ 本店もよろしくお願いします。

師匠への将棋レポート#011「納得のいくふた対局」

師匠への将棋レポート#011「納得のいくふた対局」 http://ift.tt/1NiwcWW

やはり、同じようなレベルの人との詰むや詰まざるやの対局は楽しかったです。
今回はシンプルですが、納得のいったふた対局を載せておきたいと思います。
(棋譜を見やすい将棋盤で表示するために,Fireworks さんが作成されたアニメーション付棋譜再現プレーヤー 「フラ盤」を使用させていただいています.)
この対局は61手目に馬を取れるところをなにを思ったか、馬をぶつけて取られてしまうという痛恨をやってしまった対局です。
でもその後、苦し紛れの王手がうまく続き、逆転なるかというところまでいけたので、なんだかうれしかったです。

つぎの対局も、
お互い30分の持ち時間を使い切り、秒読みでなんとかぎりぎり勝てたというか、一手詰めを逃していたということで反省点はあるもののすごく楽しかった一局となりました。
(上側が先手です.)
(下側が後手です.)(棋譜を見やすい将棋盤で表示するために,Fireworks さんが作成されたアニメーション付棋譜再現プレーヤー 「フラ盤」を使用させていただいています.)
一回崩しかけたところで、守りを固められてしまったので、思い切りが足りなかったと反省しています。
あと126手目6九竜で一手詰めだったんですよね。詰将棋やっているのに、一手詰めを逃したのは悔しかったです。
でも秒読みの間違えもありながら、なんとか勝てました。

対局場はまだ将棋オンラインです。同じようなレベルの方が多いので、やはり指しやすいです。
将棋倶楽部24も憧れですが、まだやった感じ勝てそうにもないです。
オンラインの方でレーティング1000位行ったらそれなりにできそうかなと考えています。

最近の棋書の方は、

3手詰めの浦野さんの2冊目の方をやっています。
あとはひと目の手筋を毎日5問ほど進めています。
まぁ、時間はかかりますが、コツコツといった感じでしょうか。
今日も2局ほど負けて、オンラインのレーティング800位をうろちょろしております。
まだまだですね・・・とほほ。