読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きになるブログ2 - Hatena Blog

スポーツを中心にIT,ヲタク情報を含め、皆様の役に立つ情報を心掛けて更新していきます。複数ライターによるブログです。今までの過去記事全部載せていますので、きになるブログ2 http://kininaru.bulog.jp/ 本店もよろしくお願いします。

師匠への将棋レポート#019「おすすめ将棋動画&最近の取り組み」

師匠への将棋レポート#019「おすすめ将棋動画&最近の取り組み」 http://ift.tt/1WByCIi

みなさん、お久しぶりです。。

少なくとも月間といいながら、一ヶ月以上あいてしまいましたね。

私の将棋の取り組みの一つに結構前からやっているのですが、書き忘れていたことに将棋実況動画を見るというものがあります。
クロノさんというYoutuberの方がいらっしゃるのですが、考えを言葉にしてくださって大変勉強になります。
実力もアマ3段位の方なので、さすがにすごいなと、段位者にとっては物足りない面もあると聞きますが、私たち初級者にとってはとても勉強になりつつ楽しめるものだと思います。

将棋実況チャンネル – YouTube :
https://www.youtube.com/channel/UCRkdTwD5nX7NC_gec_ueWOg/feed

に戦法別のリストがありますので、自分が見たい戦法を見させてもらっています。
居飛車振り飛車とほとんどの戦法が網羅されている印象です。

あとクロノさんのいいのは、将棋倶楽部24に限り、対局後にコンピュータでの感想戦もとってくださっているので、検討の様子も大変勉強になります。

ぜひ同じような初級者の方で気軽な勉強を模索されている方におすすめです。


他には番組関係では、NHKの将棋講座と将棋フォーカスは毎週見ています。
プロの対局はやはり凄いし、もともと観戦好きだったので、モティベーション維持に大変役立ちます。


最近の取り組みをまとめると
・毎週の将棋ジャーナルを見る
・週に数回(気が向いたとき)クロノ氏の将棋実況を見る
・将棋ウォーズでの一日3局の実践
(物足りないときは将棋倶楽部24で追加対戦)
詰将棋5手詰め(一日4問相当)
・石田流の定跡本を毎日読み進める(たまにあいてしまいますが・・・)
・終盤の本

といった感じです。
他の方のブログ等を見ると量が足りてないなぁといつも感じますが、
まずは毎日かかわることが大事だと思いますので、無理のない範囲を心掛けています。


最近の具体的な取り組みですが、
相変わらず戦法は石田流を中心に定跡書などを読み進めながら、
実戦でも指しています。

以前紹介しました。
「ひと目の石田流」、「久保の石田流」を読み終わりました。
といってもそれぞれ2回以上は読まないと本当の意味ではものにならないかなとも感じています。

今は後手の石田流の本、

を読み進めています。

ただ一つ問題があって、
相手が角道を開けないで飛車先を2手伸ばしてきたときに、
角を上がらざる終えないことです。
こうなると石田流は指せずに他の戦法を選ばざる終えません。
残念なのですが、その場合は四間穴熊をやってみようかと最近思っています。
穴熊に組めるとやはり思い切って攻めることが可能なので、
意外と楽しいかなと考えるようになりました。
(上側が先手です.)
(下側が後手です.)棋譜を見やすい将棋盤で表示するために,Fireworks さんが作成されたアニメーション付棋譜再現プレーヤー 「フラ盤」を使用させていただいています.)
師匠から本も借りていることですし、上記のような場合は四間穴熊も指してみたいです。


あと終盤の研究では、
佐藤先生の囲い崩しの本を読み進めたいと思っています。
以前より師匠よりこういった棋書を買って読んだ方がいいとは言われていたので、
遅くはなりましたが、進めていきたいです。

この本は名著として有名で、初めて出たのはなんと95年いまだに売られている凄い本です。


引き続きモティベーション維持しながら、将棋にかかわり続けたいと考えています。
PB161944
Creative Commons License nakashi via Compfight