きになるブログ2

きになるブログ2 - Hatena Blog

スポーツを中心にIT,ヲタク情報を含め、皆様の役に立つ情報を心掛けて更新していきます。複数ライターによるブログです。今までの過去記事全部載せていますので、きになるブログ2 http://kininaru.bulog.jp/ 本店もよろしくお願いします。

師匠への将棋レポート#025「年始からの振り返り」

師匠への将棋レポート#025「年始からの振り返り」 http://ift.tt/1PSgHIB

引き続きです。

最近の将棋の状況ですが、
ちょっと時間が取りずらい時期があったりしました。

そんな時もなんとか詰将棋だけは死守といった感じでしたね。

詰将棋、いまのところ、得意や好きといった感じでもないので、少しつらいなと感じることもありました。
私の場合、無理すると続かないので、そんな中でも、毎日できる量を意識して取り組んできています。
ただ、ここ数日少し手ごたえを感じていて、もしかしたら「少しつかめた?!」って感覚が出てきました。
この感覚が本当だったらうれしいなぁ。

あと、この間に以前からこちらの記事を読ませてもらって、興味があった、「実戦式詰め将棋」を買って進めてみました。

こちらの記事の方はもう初段を突破されている方なのですが、詰将棋は苦手だったそうです。
そこでこの本に出会い、もっと早く読みたかったと書いてありましたので、私も興味持った次第です。

やってみた感想としては、3手詰ハンドブックをかなりやり込めば、自然と身に着く詰将棋の手筋を体系化しているといった感じでしょうか。
なので、3手詰ハンドブックをやっていたからか、感動はそれほどなかったですが、10級の簡単なところから、徐々に難しくなっていくので、解いていてやりやすかったです。
4級からは難し目の5手詰、7手詰となっていくので、ひとまず4級手前まで終わらせました。
もっと力ついたら続きを解こうと思います。


詰将棋に関する前回からの具体的な取り組みは、

・3手詰ハンドブックⅠ 4周目終了
・5手詰将棋 2周目終了
・実戦式詰め将棋 1周目(4級手前まで)

といった感じです。
あと前回記事にしたレコーディング詰将棋とブルーさんの復習方式はなんとかキープしています。

レコーディングして気づいたのは、やはり詰将棋に関して実力不足ということです。
時間は解けるときはまぁ、許容範囲かなと思いますが、正答率はまだまだですね。

5手詰はもちろんのこと、
3手詰ももうちょっと正答率あげていかないといけません。

5手詰は5手詰ハンドブックに進もうかなとも考えたのですが、この正答率なので、5手詰入門の「5手詰将棋」をもっともっとぐるぐるしてからにしようと思います。

3手詰も正答率90%台に載せてくるまではもっとぐるぐるかなぁ。
解く問題数が少ないので、簡単な100問目までは、もう少し次回からあげたいなと考えています。

3手詰と5手詰平行して進めるのは力つける意味ではよさげな感じなので続けていけたらと思います。

現在は、
・「3手詰ハンドブックⅡ」 4周目
・「5手詰将棋」 3周目

をしています。


詰将棋以外のところは、できたりできなかったり、といったところが正直なところなのですが、
中盤に関して、
前回からは、

・「将棋・ひとめの手筋」 2周目

が終わり、今は


・「羽生の法則 1巻」 2周目

を進めています。

手筋は簡単なのもありますが、あまり苦にならないのが救いです。


その他のところでは序盤は、

「石田流の基本【早石田と角交換型】」を相変わらず進めています。


終盤寄せは、

「寄せの手筋200」の基本問題、もうちょっとで1周ですが、
同時進行なので、こちらはできる日があったり出来なかったりです。

なんとか終わらせたら、一旦囲いの崩しを読んでいこうかと思います。
囲いの崩しを少しぐるぐるして少し力ついてきたら、
また寄せにもどる感じにしようかな。


詰将棋と手筋に関しては毎日なんとか進めているのですが、その他に関してはまだまだですねぇ。
それでもリファインしつつ、ベストを尽くせればと考えています。


最近の対局からのコーナーはこちら。
(上側が先手です.)
(下側が後手です.)棋譜を見やすい将棋盤で表示するために,Fireworks さんが作成されたアニメーション付棋譜再現プレーヤー 「フラ盤」を使用させていただいています.)

苦手だった合い駒利かずの詰めができたので、詰将棋やっててよかったとうれしくなりました。
なので載せてみます(;´Д`)

もう1局は優勢にすすめたと思うのですが、逆転された悔しかった対局です。
(上側が先手です.)
(下側が後手です.)棋譜を見やすい将棋盤で表示するために,Fireworks さんが作成されたアニメーション付棋譜再現プレーヤー 「フラ盤」を使用させていただいています.)

いやぁ、リードを堅実に守って勝つって案外大変ですね。
まだまだ反省点は多いです。

それではまたお会いしましょう。
Shogi Castling: Yagura Castle 矢倉囲い
Creative Commons License geraldford via Compfight

読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m