読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きになるブログ2 - Hatena Blog

スポーツを中心にIT,ヲタク情報を含め、皆様の役に立つ情報を心掛けて更新していきます。複数ライターによるブログです。今までの過去記事全部載せていますので、きになるブログ2 http://kininaru.bulog.jp/ 本店もよろしくお願いします。

いにしえゲーム血風録 九回裏魔球炸裂 「源平討魔伝(草薙剣編)」

いにしえゲーム血風録 九回裏魔球炸裂 「源平討魔伝草薙剣編)」 http://ift.tt/2b5PbsU

 これまでのあらすじ:折に触れては源平討魔伝を見かけるも、その度にクソむつかしさばかりが目に付き、結局プレイしないヘタレな私だったが、PS「ナムコミュージアム」に収録されたことを機に、タダゲーバンザイとばかりにプレイし、やっとイカす世界観に気付く遅咲きの私だったのだった。

 

 さて次のステージへと通じる鳥居が3つあります。分岐とは是即ち難易度が違うわけですから、下手するとステージ突入、即屠られる可能性があります。しかし何しろ初プレイですので、正直どこを選んでも同じことですし、いきなりクリアしようなんて虫の良いことは考えていません。ということで、テキトーに一番下の鳥居に向かいました。

 再び日本地図が表示され、我らが景清は九州に上陸。…遠回りしていないか?と一抹の不安をかき消すように、問答無用で画面が切り替わり、景清はデカく表示され、静かな月夜の竹林に佇み、しかしBGMはエレキギターが前面に押し出されたイカスものに変わりました。そして画面右下にはロウソクが4本灯りました。恐らくは敵の体力、「タイマンモード」の始まりです!

 

 取りあえず竹林を右方向へ進むと、「ガオーッ!」と獣の咆哮が聞こえます。すわ、なんぞ、と振り向くと虎が飛びかかってきました。なんて分かりやすいピンチ!堪らずダメージを喰らいますが、即座に斬撃で反撃。虎は爆裂四散し、緑の玉を落としました。緑の玉は銭なので一応拾っておき、再び右方向へ進むと、再び「ガオーッ!」と咆哮が。振り向くとまた虎が飛びかかってきます!

 無限増殖!?と思いましたが、今度はダメージを喰らう前に上段切りで無礼打ち。以後銭を取っては虎に襲われるを繰り返し、「あ、銭を取ると虎がいくらでも出てくるのか」と気が付くのは相当後のことです。ともあれ虎と格闘しつつ先へ進むと、今度は矢と小刀が飛んできます。剣で叩き落そうとしますが、何しろ数が多いのでモリモリ喰らいます。

 そこへ「ゥヒョーゥ!」との奇声と共に顔色の悪い侍が登場。どうやら源義経のようですが、こんなエキセントリックな人とは知りませんでした。とにかくボス戦なのでキアイを込めて上段切りを叩き込みますと、あっさり弾き返されます。もう地獄での色即是空との果し合いを忘れたのでしょうか、この人は。安易に上段斬りをしても弾き返されるだけなのです。

 では中段突きと攻撃しても、やっぱり弾き返されてしまいます。どこを攻撃すれば良いのだ!?混乱した私は闇雲に剣を振るばかりで、ダメージを与えられないどころか剣の値が減っていき、その上彼奴の小刀攻撃でチクチクとダメージを受けていきます。もう焦るばかりで剣を振り回しますが、もはや「風前の灯」と例の婆さんに言われる始末。そのまま景清は力尽き、爆裂四散。そして見慣れたデカい「完」の文字が降ってきたのでした。

 

 …まさか数年越しでこの光景をまた見ることになるとは。あの頃の友人たちもコイツでやられてましたっけ。しかし確かに強い。どうやったらダメージを与えられるのか見当も付きません。仕方ないので、今度は真ん中の鳥居を選んでみますと、今度もやっぱり月夜の竹林で、虎が出て、矢と小刀が飛んできて、顔色の悪い人が来て、そしてオダブツでした。じゃあ一番上か、と思いましたが、虎と矢と小刀と奇声が増えただけで、やっぱりオダブツでした。

 

 一旦ゲームから抜け、博物館モードに戻り、そして私は腕を組みます(つまり恒例の「途方に暮れた」)。…どうやら一番下の鳥居が簡単なルートらしい。が、アレで簡単なルートなの!?当時のナムコのゲームはむつかしいことは分かっていましたが(これまでの「ナムコミュージアム」をプレイして痛いほど身に染みたから)、これは相当なものだぜ…。

 何か攻略のヒントはないかと説明書を読みますが、ここには基本的な操作方法とルールが書かれているに過ぎません。他に調べようにもネットはまだ未発達でしたし、レトロゲームなので攻略記事を載せているような雑誌もありません。…いや、そういえば、博物館の展示品の中に「TIPS」というのがありました。これは豆知識、つまり攻略情報です。私は急いでTIPSを閲覧しました。そこにはいくつかの情報がありました。

 

 「紫の玉や剣を取ると剣の値が増加し、硬いものを斬ると減る」…これは知ってる。でも紫の玉、なかなか出ないよ。次。

 「落下中の要石やブロックからはジャンプ出来ない」…そうなのか。では上昇中とか止まっている状態ならジャンプ出来るのだな。へ~。…いや、今欲しいのはこの情報じゃない!

 義経・弁慶の倒し方」…これだッ!なになに…?「上段斬りが最も威力が高い。義経にはジャンプ斬りで後頭部を繰り返し狙うと良い」…本当ですか、先生ェ!こいつは良いこと聞いたぜ!で、弁慶は…?「弁慶にはしゃがみ斬りを繰り返すと良い。」…先生ェ、オレ一生ついていくよ!これでもう百人力、大得意の有頂天です(もちろんこのボンクラの手柄ではない)。

 この他にも日本海ルート(一番下の鳥居)が簡単」とか「お釈迦様が玉を落としてくれるボーナスステージでは紫と茶色の玉を逃すな」とか、なかなか有意義な情報満載でした。しかしボスの倒し方を教えてくれたのはありがたい!ていうか、多分みんな引っ掛かるんだろうな。だからわざわざ倒し方を教えてくれるんでしょう。ともあれ、早速実践です!

 

 再び地獄を抜け出し、長門で一番下の鳥居へ向かいます。そして月下の竹林に舞い戻ってきました。ようやく「銭は取らない」ことを学習した我らが景清は、ズンズン先へ進みます。そこへ来ました、「ゥヒョーゥッ!」義経登場。今度のオイラは一味違うぜ。早速ジャンプ上段斬りで義経の後頭部を狙います。しかしこれがなかなかヒットしません。当たればロウソク1本分くらいは持っていけるのですが、的が小さいので下手をすると義経の剣に当たってしまいます。

 結局何回か景清は爆裂四散しましたが、遂に義経の後頭部にクリーンヒットし、「ズバババババ」とモノスゴイ音と共に右下のロウソクが消し飛びます。「ギョエーッ!」と断末魔を残し、義経は崩れ落ちました。するとそこには紫の玉が残りました。あッ!紫!ボスを倒すと紫の玉が出るのか!ということは、上手く攻撃して剣の値を減らさずに倒せれば、モリモリ剣がパワーアップすることになります。…これは闇雲に剣を振り回すのは損だな、と今頃気付くポンコツでしたが、ともあれ義経の対処法はなんとなく分かりました。そしてそのまま鳥居をくぐり、次の国へと向かいます。

 

 次の国は景清が小さくなり、階段状の地形を飛び越えたり、襲ってくる敵を倒したりと、ジャンプアクション色の強い「道中モード」で、敵がワサワサ出てきますが、しかし喰らうダメージは少ないので特に問題はなく、それどころか途中ロウソクをゲットして、「体力全回復+体力最大値上昇」のオイシイ思いをしました。鳥居をくぐると今度は四国へ渡り、再び景清巨大化の「タイマンモード」に突入です。

 

 今度は雑木林の中で、ゆっくりと月が昇ってきます。あぁ、キレイだなぁ、と思う間もなく、木からサルが急降下。2匹、3匹と次々に襲ってきます。ダメージは少ないとはいえ、数が尋常ではありません。上段斬りで応戦しますが、次から次へと襲ってきます。そこへ「ぶゎ~かめ!(馬鹿め)」と弁慶登場。うわぁ、デカい。その上右手から鉄球を召喚し、こちらに投げつけてきます。反射的に斬りつけてしまい、次の瞬間「しまった!」と思いましたが、迂闊にも剣の値が減ってしまいました。

 弁慶はジリジリと近付き、鉄球をバンバン投げてきます。そしてサルが合間を縫って襲い掛かってきます。いやいや、落ち着けオレ!「弁慶にはしゃがみ斬りを繰り返すと良い」と書いてあったではないか!早速しゃがんで弁慶の脛を狙います。…そうか、「弁慶の泣き所」だね!?ナムコもなかなかイキなことをするなぁ。

 

「カキンッ!」

 

 …弾き返されたよ!?しかも剣の値が減ってるよ!?動揺する私をよそに、弁慶の鉄球が景清の顔面にストライク!ロウソクがごっそり吹き飛び、再び婆さんに「風前の灯」と言われます。マズイマズイ、…そうだ、義経と同じように後頭部を狙えば良いのでは?と、思い直してジャンプ上段斬りをかましますが、何しろ弁慶は巨体ですから届きません。が、弁慶の頭にはヒットし、少なからずダメージを与えることが出来ました。

 …弱点は頭か!?だったらと今度はジャンプ中段突きで頭部を攻撃しますと、ザクッと大ダメージを与えることが出来ました。弁慶にはジャンプ突きなのか!奮い立った私は鉄球の合間を狙って再度ジャンプ突きを叩き込み、「これで勝ったと思うなよ!」と弁慶が崩れ落ちました。そして残った紫の玉。そそくさとゲットして鳥居をくぐりステージクリアです。

 

 …あのTIPS、ガセであったか。なんとなく「ファミリーコンピューターマガジン」のウソ技を思い出してしまいますが、ゲーメストの誤植に比べればカワイイものです。偶然ですが弁慶対処法も分かったことだし。とっとと次のステージに取り掛かりましょう。

 *しかし後でもう一度TIPSを見ると、画像は「弁慶にジャンプ突きをしている」ものであった。これを「しゃがみ斬り」と表現していたものと思われるので、間違いではないようです。

 

 次の国は「道中ステージ」で、デカいムカデが襲い掛かってきますが、空中に浮くブロックをジャンプで逃げます。そのままブロックを渡っていくと鳥居が見えてきますが、どうやらステージにはまだ先があるようです。なんとなく先に進むことにすると、今度はカミナリを放つ雷神が登場。これがなかなかのダメージで、「来るんじゃなかった…」ショボーンとしますが、すぐにロウソクを発見して体力全回復、すぐに満面の笑みですから現金なものです。そのまま鳥居を発見し、今度はここで行き止まりのようですから、選択の余地なく入ります。

 

 景清は四国を離れ、淡路島に到着。すると宴会のようなBGMに変わり、雲に乗ったお釈迦様が玉をばら撒いてくれます。…ここがボーナスステージか!確かTIPSには「紫と茶色の玉を逃すな」とあったが…、さすがにコレはガセではないだろう。ていうか、ガセだったら、この玉を取ると剣の値がみるみる減ったりするはずだが、そんなゲームはあんまりだ。…信じよう。

 ということで、好き勝手に中空を浮遊するお釈迦様を追いかけ、降ってくる玉を拾い集めます。多くは緑や青の玉ですが、紫や茶色も結構混じっています。銭も体力も剣もモリモリ増加していきます。ウヒョー!拾いきれないぜ!そしてお釈迦様は景清にかけがえのないご利益を与え、天へと帰っていきました…。ありがとう、お釈迦様。でも出来れば全部紫と茶色が良かっ…、いや!ありがとうございます!

 

 さて景清は淡路島を後にし、本州は備前(岡山のあたり)に上陸。遠回りのようで、しっかりとパワーアップ出来ていますから、なるほど初心者ルートです。画面は切り替わり、再び月下の竹林となります。また義経かしら、と虎を切り捨てていると、突然弦楽器の響きと共に、顔色の悪い爺さんが「なぁむあぁみだぶぅ」と登場しました。

 …これは琵琶?琵琶法師?平家物語を吟じる琵琶法師なのか?琵琶法師と言えば、その歌で滅びし平家の魂を鎮めると言います。…景清を成仏させに来たのか!?そして琵琶法師はその音色から、何故か鳥獣戯画の兎と蛙を放ってきました!

 

 景清、成仏のピンチ!このピンチをポンコツプレイヤーが回避出来る気がまるでしませんが、まぁ、頑張ってもらいましょう。で、紙が尽きてしまいました。申し訳ありませんが、続きます。



読んで頂いてありがとうございます!

↓↓このブログ独自の「いいね!」を導入しました。少しでもこの記事が気に入って頂けたら押して頂けるとうれしいです。各著者が無駄に喜びます(・∀・)イイ!!
よろしくお願いしますm(__)m